HOMEお知らせ三陸おもてなしステーションを開始します

三陸おもてなしステーションを開始します

三陸おもてなしステーションを開始します

経済産業省の「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)」を活用し、岩手・三陸エリアにおいてインバウンド増加を目指し、三陸鉄道の主要駅を拠点とした実証実験を開始します。

岩手県三陸エリアでは、観光客数が東日本大震災津波の影響で減少し、現在も震災前の水準には回復していません。
三陸沿岸地域の抱える観光4つの課題「地域資源の活用」「情報発信と誘客活動」「地域受け入れ体制の整備」「インバウンド対応」の解決を目指します。

このページの先頭へ